設定<基本編> 〜 標準勤務時間の設定 〜

標準勤務時間とその設定方法

標準勤務時間とは

 

ペンギンタイムカードにて「標準勤務時間」を設定すると、その時間を基準に「残業時間」を計算します。

一般的に、パート従業員は、「総勤務時間 × 時給」で給与を支給しますので、「残業時間」の計算は不要です。

しかし、正社員の場合、基本給に加えて「残業時間 × 単価」で残業手当を支払うため、残業時間の計算が必要です。

「標準勤務時間」の設定はこの残業時間の自動計算のために必要です。

  1. 標準勤務時間の設定
    • 管理画面から「従業員タイプ」を選択します
    • 編集したい従業員タイプをクリックします
    • 月曜日から日曜日までの標準勤務時間が表示されます。編集したい曜日をクリックします。
    • 標準の「出勤時刻」「退勤時刻」および「休憩開始時刻」「休憩終了時刻」を入力します。
      「勤務形態の初期値」をセットすると、出退勤ボタン画面での初期値を設定できます。詳しくは勤務形態のセクションをご参照ください。

 

関連記事

ログイン Logout

カテゴリー